2018年3月27日火曜日

お祭りの裏方(院長)

こんにちは! 院長 ひび です。

毎年恒例となっているお祭りに今年も参加してきました。

参加と言っても、山車を引っ張ったり、太鼓をたたいたり、笛を吹いたりではありません。

警棒持って、交通整理です。。。

山車が安全に通るためには、実に多くの裏方さんが頑張っているのです。

走行中の車を止めたり、脇道から出てくる車を止める人・・・ドライバーのイライラした目は直視できません。。。


ちなみに、交通整理を仕切る私の友人”石田君”の祭りでの肩書は”執務長”
いやいや、お疲れ様でした。大変でしたね、執務長は。

山車が坂を下りる時は、裏では大勢の方が安全対策を行っています。


もっともっと、ここには書ききれないほどの大勢の方の支えでお祭りは行われています。

華やかなお祭りも、こうした裏方さんのお蔭で安全に行われているのですね!

当院の役割も、お子さまとご家族が無事に生活できるよう障害を取り除くことだと考えると、お祭りとクリニックの共通点も見えてきました。

1日大変でしたが、今年もいろいろ経験できて、楽しかったです。          来年もまた裏方がんばろうっと。


休憩中に食べたこれ、最高。
お祭りでは駄菓子が子どもたちにふるまわれるのです。

皆さんの地域のお祭りはどんな感じですか?





0 件のコメント:

コメントを投稿