2017年6月27日火曜日

船の中での手術(院長)

こんにちは! 院長 ひび です。

ちょっと前になりますが、学会で横浜に行った際に、帆船日本丸を見てきました。

日本丸は航海訓練所の大型練習帆船だそうです。海王丸という、兄弟船は富山に存在し、そちらは大学時代によく見に行きました。

長い航海の途中には、いろいろなことがあったに違いありません。

船内に診療所もありました。


え、、診療時間 短か! 船医はその他の時間は何してるんだろう?

と、思いましたが、緊急時には盲腸(虫垂炎)の手術をしていたようです。


充分な検査もなく、経験と勘だけで診断し、手術に踏み切るには相当な勇気が要ります。
重大な病気があっても大病院に救急車で搬送なんてすぐにはできません。

誰も相談相手のいない一人の船医の重圧たるやものすごかったんだろうな・・・

全く立場は異なりますが、多くの開業医も一人で診療を行い、目に見えない重圧があります。

もちろん、万事に備えて日々の研鑽は欠かしませんが、すぐに相談できる連携先病院や開業医仲間がいる自分はとても幸せだなあと実感しました。

人間一人では限界がありますからね、これからもおおいに周囲を頼ろうと思います(笑)

こども手術体験セミナーも6/28から募集開始です。よろしくお願いします。


ということで、病診連携・診診連携のありがたさを改めて感じつつ、お中元シーズン到来です。

今年こそ、お世話になった方々に先に送らねば・・・と思っていたらまたもや先方に先を越されました。。。




0 件のコメント:

コメントを投稿